理想通貨って?

いいコトをしたら、ちょっといいコト。
宮古島を想う気持ちのお金「理想通貨」

宮古島にいいコトをした人に、ちょっといいコトで返すような、 気持ちの交換が出来ないだろうか…
この島にやさしいコトをした人に、 ちょっといいコトが起きるという気持ちのやりとり。
宮古島市が発行する理想通貨は、本来のお金にない価値、気持ちの対価。人と人との気持ちをつなぐことを目的とした通貨です。

例えばビーチクリーンやエコアイランドに関わるフェスに参加すると理想通貨をゲットでき、 帰り道に寄った理想通貨が使えるお店で ドリンクのサービスを受けられる…といった感じです。

お店や企業など理想通貨の協力店には、サービスを寄付として提供いただいています。
エコ活を応援したいという気持ちを、サービスの提供という形に変えて…

協力店は、集まった理想通貨を換金できるわけではありません。
サービスを提供することで、エコ活をする人達を応援し、間接的にエコ活に参加することになります。
それは、ほんのちょっとしたコトでもいいので、長くエコ活を応援して欲しい!という気持ちから生まれたコンセプト。

だから、理想通貨がたくさん使われれば 宮古島はもっともっとエコな島になるはず…
小さなアクションかも知れませんが、あったかく大きな気持ちの交換なのです。

理想通貨のコンセプトを映像にまとめました

理想通貨がなぜ誕生したのか?ぜひ、こちらのドキュメンタリーをご覧ください!

いつまでも住み続けれらる島であるための一歩

「いいコトをしたら、ちょっといいコト。」理想通貨の裏面に書かれているコンセプトです。
宮古島をずっと住み続けられる島、住み続けたいと思える島にするために、環境保全はもちろんのこと、自然保護、文化の継承など 様々な島の資産を守り育んでいかなければいけない…
そういった人々の想いに共感してエコ活に参加したい、あるいはサポートしたいと思っている人も増えてきました。
それでも、まだまだやるべきことは多く、エコ活のことさえ知らない人も多いかもしれない。 私たちは、どうしたらエコ活をしている人々の想いが少しでも多くの人々に伝わるだろう、 どうしたらなるべく多くの人がエコ活をサポートしたり参加したりできるのだろうと考えました。

 

広げようエコ活の輪、伝えよう島を想う気持ち

エコ活をする人と、応援する人を繋げる何か…
私たちは、その一つの手段として「理想通貨」という形のある紙を使って表現しようと考えました。 エコ活を主催している人が、参加してくれた人に感謝とエコ活への想いを伝えるために手から手へ。
参加してくれた人が、参加したくでもできなかった人にエコ活してきたよと伝えるために手から手へ。
理想通貨のコンセプトに共感いただき、理想通貨が使えるようにしていただいたお店があります。 共感の輪は、他のお店や企業にも広がっています。
どのお店も、エコ活には関心が高いのだけど、普段は忙しくてなかなか自分が参加できないが 何かできることはないかと考えていたとのことです。
どのお店も、エコ活に参加した人への感謝の気持ちでいっぱいなのです。

理想通貨は、自然、暮らし、人々をつなぐ通貨。
エコ活をすると、ちょっといいコトがあなたに返ってくる、
宮古島を想う人たちの気持ちがこもった通貨。使えば使うほど、素敵な島に。
理想通貨を通じて、宮古島が「千年先の未来までも住み続けたいと思える島」に少しでもつながっていけばうれしいです。

 

理想通貨の運営・発行体制

発行:宮古島市エコアイランド推進課
企画:宮古島市エコアイランド推進課一般社団法人離島未来ラボ
制作・運営:協力店のみなさま・市民のみなさま・観光客のみなさま・一般社団法人離島未来ラボ